会社システム受託開発

業務システムとは何か

企業や個人の事業において業務に利用するシステムを指して、業務システムと呼びます。ここでいうシステムとはコンピュータシステムのことです。コンピュータ上のソフトウェアを業務に合わせた形で利用し、業務の効率化を図るものです。

 

多くの企業で使われている会計システムや人事管理システム、給料計算システム、顧客管理システムなど多くのシステムが使われています。

こうしたシステムを構築することで、手作業に比べて飛躍的に事務に要する時間を少なくすることができます。

業務システムの構築方法

業務の中で不便を感じているところを抽出し、それをシステム化できないかを考えていきます。例えば、伝票からパソコンに手入力している業務があるとすると、その伝票をエクセル化すると自動で入力できる可能性が高くなります。

自社でこうした不便を見つけることができる場合もありますし、ヒアリングを通して、私どもが見つけることもあります。

実際にはいくらぐらいから可能となるのでしょうか

私どもへの依頼を検討する際に気になる費用。実際、システム開発等にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?具体的には上記それぞれの業務内容で言及しておりますが、例えば受託開発の場合は2日程度で終了するものについては、2万円ぐらいから対応することが可能です。

例えばアイミツではシステム開発会社の料金表を確認し、「システム開発の平均費用と料金相場」をわかりやすく解説していますが、これによると平均開発費用は233万円となっております。

開発内容によっては違いが出てくるのは当たり前ですが、開発価格が2万円ぐらいから可能というのは破格であると自負するところです。先ずはお問い合わせください。

前の記事

IT何でも相談