postheadericon 新旧バージョンの違い

AuctionUltimateをバージョンアップいたします。ver2.0以降が新バージョンで2.0未満は旧バージョンです。新バージョンは次の点が新しくなっています。

〇レイアウトを一新し操作性を向上しました。

・アイテムグリッド(表)の背景を落札者は水色、出品者は薄黄色とし、操作が感覚的にできるようになりました。

・個別アイテムフォームを開かずとも、個別操作が可能となりました。

・アイテムグリッド(表)の大きさを自由に変更することができるようになりました。

・各項目でソートが可能となりました。

・商品名に付箋を付けることができるようになりました。

・旧バージョンとの互換性から、一行レイアウトや個別アイテムフォームの機能も設けています。

・同一データの取り込みの可否をプロジェクト画面からできるようになりました。

・危険口座の自動抽出、確認ができるようになりました。

・ネット銀行振り込み用に口座情報を半角に変換し、クリップボードに転写できる機能を向上させました。

〇取引ナビ機能の操作性が向上しました。

・ナビ作成画面から、ひな形を変更できるようになりました。

・やりとりの種類に応じて、「入金を確認しました」等のタイトルを変更、保存できるようになりました。

・相手の名前が書かれていないときは相手のヤフーIDを、名前が書かれているときは当該名前に置換するようにできるようになりました。

・ひな形を2種類用意されていますが、相互の切り替えがナビ作成画面からできるようになりました。

〇削除された機能

・操作を容易にするために、ウオッチリスト等からの一括取入れ機能を削除しています。
・商品検索、詳細情報はあまり使われていないことから削除しています。

 

■ご注意

・操作を分かりやすくするために、アイテムグリッド(表)への表示は出品終了分と落札分のみにいたしました。しかし、旧バージョンと同じくブラウザからのドラッグドロップ等によりこれらのオークション以外のオークション(ウオッチリスト等からのオークションなど)の取入れも可能となっています。ただし、この場合、表示は全て落札者となっていることにご注意ください。このため、旧バージョンによって取り入れた、自身のオークション以外のオークションは全て落札者となっていますので必要がなければ削除してください。

・メジャーバージョンアップとなりますことから、旧バージョンをご利用いただいている方につきましては、優待料金により対応させていただきますが、昨年(H25年)以降にご購入いただきました方につきましては、旧バージョンのご利用期間が少ないことから無料にてアップデートを可能とさせていただきます。該当する方につきましてはその旨メールにてお知らせください。